D-33 ルノワール「子どもの肖像」

子供の肖像

驚くほどの入念な描き込みです。対象に絵具をジカに塗り付けていったのかと錯覚しかねません。しかも、近寄ってよく見ますと、そのタッチは絵具を細かく使っていてチカチカと明滅するかのようです。そのため輪郭線などもそれらの色彩の中に融け込んでしまっています。影でさえ明るく彩られていますね。これらの手法から既にお分かりのように、ルノワールは、モネやシスレーやピサロなどと同じ印象派の画家でした。彼らは何よりも光の働きを愛しました。ルノワールは若い頃、陶器の絵付け職人であったといいますから、こうした明るい光の働きを理解する素地は出来上がっていたといえましょう。少女の背景となった花壇の、とくに前景と後景との巧みな色彩のハーモニーが見事です。

 

複製一覧ページへ戻る→