D-38 小磯良平「西洋人形」

西洋人形

明治36年神戸に生まれる。東京美術学校(現東京芸術大学)在学中に帝展入選。

近代的で清潔な色彩構図、堅実な写実描写に特徴があり、女性人物像の作品が多い。また、石川達三「人間の壁」、川端康成「古都」など数多くの新聞雑誌の小説挿し絵を描いた。昭和58年文化勲章受賞。

「西洋人形」は、彼がたいへん好んだモチーフのひとつで、数多くの同タイトルの作品があるが、これは、その中の一点である。 

 

複製一覧ページへ戻る→