D-45 秋山和子「シンフォニー」

シンフォニー

アンリ・ルソーに代表されるナイーブ派絵画は、現代人の心をなごませる素朴な表現世界で、日本においてもすぐれた作家が多く出ています。その表現方法と精神がナイーブであることがナイーブ・アートの特徴で、ファンタジックなメルヘンの世界を描く創造芸術として幅広い層に人気です。国内の各公募展に出品し、数多く受賞しているタブロー作家。多彩の色使いの中に現実と幻想の狭間を表現する。現在、現代童画会会員、日本芸術家協会会員を務める。

 

複製一覧ページへ戻る→