D-53 ユーエン「サベラ」

サベラ

ユーエン(CHI−LEUNG YUEN)は1939年中国に生まれ、印象派の強い影響を受けて、自然の光が持つデリケートな色彩をカンバスに描き続けています。1980年に北京で開催した展覧会では、彼の独得の描写とスタイルが中国の画家たちにセンセーションをまきおこしたといわれます。現在ロスアンゼルスに住み、ヨーロッパをはじめ、東南アジアやアメリカで多くの個展を開き、好評を得ています。

 

複製一覧ページへ戻る→