D-81 ピサロ「ブージヴァールのセーヌ河」

ブージヴァールのセーヌ河

 フランスの画家。デンマーク領西インド諸島サン・トマ島(現セント・トマス島)の生まれ。1855年エコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入る。のちにアカデミー・ジュイスでモネに会い、印象派グループのメンバーになり、8回に及ぶ印象派展(1874〜86)のすべてに参加したグループの中で唯一の人物になる。

ピサロは勤勉な芸術家であり多産な画家である。彼は人間としても画家としても多くの尊敬をかち得た。 

 

複製一覧ページへ戻る→