D-83 小林和作「山湖の秋」

山湖の秋

 山口県吉敷郡に生まれ、尾道で没。15歳のとき上京して日本画田中頼欧璋の門に入ったが、健康を害して帰郷。京都市立絵画専門学校日本画科を卒業。在学中から文展に日本画が入選したが、大正9年洋画を志し、鹿子木孟郎の画塾で学び、同11年に上京して梅原龍三郎、中川一政らに指導を受けた。昭和2年春陽会会員。同3年シベリア経由で渡欧し、ヨーロッパ各地を旅行して翌年帰国した。同9年独立美術協会会員。この年に尾道に居を構えた。同33年芸術選奨文部大臣賞を受賞。日本画と油絵を融合した日本的洋画を明るい色調で、日本の自然を表現した。

 

複製一覧ページへ戻る→