平成という時代(H31.3.15更新)

 今回の担当は・・・ラムです。

  

  3月も半ば、いよいよかわいいですね。各所で「平成最後の○○」という

 フレーズが聞かれ、平成の終わりまであと1ヶ月あまりとなりました。

  昭和から平成になった時は、昭和天皇のご急逝ということもあり、

 祝賀ムードという感じではなかったようですが、今回は異例の天皇の

 生前退位によるもの。

 

 20190315・平成という時代B 先日、芥川賞候補にノミネートされ話題になった古市憲寿さんの著書

 『平成くん、さようなら』(文藝春秋/F−フ)を読んだのですが、

 平成が終わる瞬間に花火夜が上がるという描写がありました。

 事前に知らされた今回の改元、盛大にお祝いがなされるのでしょうか?

 その前にまず、新元号は何だろうexclamation&questionと想像をふくらませているところです。

 

  図書館でも「平成という時代」を振り返る特集を行っています。

 地震、災害、姫路城の大改修、流行語、記憶に新しい仮想通貨…。

 平成といえばあなたは何を思い浮かべますか?

 その隣には「平成のベストセラー」を集めています。

 「改元前に読んでおこう!」と手に取るも良し、

 「そういえば、この本流行ったな〜」と再読するも良し。

 みなさんの「平成最後の読書」のお供にどうぞぴかぴか(新しい)

  20190315・平成という時代@20190315・平成という時代A