図書館バックヤード(R2.2.18更新)

 今回の担当は・・・ともぞうです。

 

 一年に一度、古くなった雑誌をリサイクルに回します。

 週刊誌・隔週刊誌は2018年発行以前のもの、月刊誌・隔月刊誌は

 2017年以前、季刊誌は2016年以前のもの、とそれぞれに決まっています。

 毎年2月からこの作業に入るのですが、これがなかなか骨の折れる作業なのです。

 雑誌コーナーの棚がいっぱいになると、その都度バックナンバーを閉架書庫

(地下にあります)に下ろして保管しているのですが、まず、リサイクル対象の

 雑誌を全てコンテナに入れて閉架から持って上がり、そこで再び該当年のもの

 であるか二人がかりで発行年をチェックします。

 検本と言って、雑誌をパラパラとめくり、利用者さんの私物や個人情報などが

 挟まっていないか確かめる作業も同時にします。雑誌は紙が薄いものが多く、

 1ページずつめくって確認するのもなかなか大変だったりします。

 しかしこの検本、普段自分が手にとらないタイプの雑誌にも目を通すことに

 なるので、新たに興味を惹かれる記事や、「へ〜exclamationそうなんや〜exclamation」と思う

 記事に出会うこともあり、私には楽しい作業ですわーい(嬉しい顔)

 ダブルチェックで検本が終わると次はパソコンでの作業です。

 検本が終わった全ての雑誌の所蔵状況を“利用可能→リサイクル”へ機械上で

 処理をしていきます。ここでも二人で二回やります。

 それが終わるとバーコード×印を付けリサイクルのハンコを押します。

 最後に×印とハンコの漏れがないか別のスタッフに最終検本を行ってもらい

 終了です。お疲れ様でした。

 全ての工程が終わると手が真っ黒になっていることも……。

 雑誌も束になると重いもので、コンテナから出して作業し、戻して運ぶ。

 という何気ない繰り返しがキツく、2月なのに汗をかき日々の運動不足を

 ひしひしと感じたともぞうでした。

 今年の2月は閏年で1日多いですが、1月2月3月と、毎年あっという間に

 過ぎていきますよね。図書館も、新年度に向けて着々と準備を進めております。

 少しでも心地よい図書館にするためにスタッフ一同力を注いでまいりますので、

 是非お気軽にお越しくださいね。