おすすめの本

※本の詳細は本のタイトルをクリックして下さい。貸出中の本は予約できます。   

食べられる虫ハンドブック』             

 内山 昭一 監修 / 自由国民社 / 383

びっくり!おいしい!こんなにいる「食べられる虫」!

食用昆虫を一挙紹介したハンドブックです。

「虫って食べたことある?」「イナゴとかハチの子はおいしかったけど…」

「もっといろいろ食べてみたい?」「ほかにどんな虫が食べられるの?」

という時に使ってほしいのが本書です。

ゴキブリも種類によっては食べられるんですね!!!

他にも「え!」と思うようなものまで…。異常気象が懸念されるこの頃です。

昆虫食の知識を持っておくのもいいかもしれませんね。

 

世界一美味しい手抜きごはん −最速!やる気のいらない100のレシピ−』                         

 はらぺこグリズリー 著 / KADOKAWA / 596

★こんな方にオススメ!

 ●料理を作ったことがない

 ●料理があまり得意ではない

★こんな時にオススメ!

 ●忙しくて時間がない

 ●今日は疲れた

 ●あと一品欲しい

 

ほとんどがレンジでチン!もしくは、フライパン、鍋一つで

できる料理ばかりです。

 

やさしい日本語とやさしい英語でおもてなし』                      

 藤田 玲子・加藤 好宗 著 / 研究社 / 837

普通に日本人が話す日本語ではなく、外国人により伝わりやすい

『やさしい日本語』とは。

外国人に、完全でなくても、精一杯いろいろなことを伝えたい気持ちを

表す『やさしい英語』とは。

伝わりやすい言葉のルールが、場面別に会話例で載っています。

おもてなしの会話だけでなく、災害時の情報や身を守る方法の伝え方も

覚えておきたい。

 

魔物のためのニューヨーク案内

 ムア・ラファティ 著 / 東京創元社 / 933−ラ

泥沼の恋愛に傷つき、地方都市の出版の仕事も辞めて、ぼろぼろになって

ニューヨークに帰ってきたゾーイ。ある日、冴えない書店の掲示板で、

ガイドブックを出版する会社の求人を見つける。経歴にも実力にも

自信がある彼女は面接にこぎつけたが、会社が出版しているのは普通の

ガイドブックではなく、現代社会に溶け込みながら生きる魔物向けの

旅行ガイド『ニューヨークよろよろ歩き』だった。

ニューヨークという都会での魔法や魔法使いとの共存、というポップな

多様性を描く物語ではなく、ゾーイが出会うのは、タイトル通りの「魔物」。

人間をカモにしようと企むヤツらを相手に、ゾーイはどう渡り合うか。

スリリングでダークな大人のファンタジー。

 

ひとり旅日和

 秋川 滝美 著 / KADOKAWA / F―ア

人見知りで要領の悪い日和は、周囲の目も変わっていき…。

スリルやサスペンスでもないし、いやなやつもいるけど、

いい人もいると思える心ほっこりする物語。

熱海、水郷佐原、仙台、金沢、福岡と旅をしながら美味しいグルメが…。