書架のすきま−図書館ほっとだより−

NEW きんぎょがにげた(H29.5.5更新) 担当は・・・まるこです。

 
新緑の綺麗な季節になりました。ペーロンの練習の音も聞こえてきます。

 書館ではペーロン祭の時期に合わせ、曝書があります。
 曝書(ばくしょ)とは、図書館資料整理期間のことです。
 2週間ほど休館させていただき、本を一冊ずつスキャンし、未登録の本はないか、きちんと登録されているか、不明の本はないか等、点検していきます。
 点検する機器の表示場所と、本を登録している場所が違うと「棚違い」というエラーで上がり、スキャンをとばしてしまった本は「不明リスト」で上がってきます。
 毎年点検に慣れたスタッフたちがするので、ヒューマンエラーは少ないのですが、やはり毎年緊張します。

 さて、今年の曝書はいつもとは少し違います。曝書と同時進行で図書館システムの入れ替えが行われます。
 曝書期間中は新システムの研修もあります。慣れたシステムから新システムになる!曝書明けは一年で一番利用の多い時期、新システムに慣れておかないと、大変なことになる…(>_<)。
 しっかり頑張らねば、と更なる緊張です。
 6月1日、いつも穏やかなスタッフの顔つきが怖ければ、きっと緊張で一杯なのです。

 ところで、今日、窓口スタッフから「五味太郎さんの『きんぎょがにげた』の金魚が児童室のどこにいるか知っていますか?」と聞かれました。子どもが捜しているらしい、と。(「きんぎょ?金魚?キンギョ?五味太郎さんのあの赤い丸い金魚が、児童室のどこにいるかって・・・?」)頭の中は、もうあの赤くて丸い金魚で一杯です。金魚が絵本から飛び出して、相生の図書館の児童室にいるとは?!!!
 よくよく聞くと、児童室にはスタッフたちが作った「図書館クイズ」を貼っているのですが、そこに五味太郎さんの『きんぎょがにげた』のクイズがあり、紙をめくると、空っぽの水槽が・・・。きんぎょはどこへ?児童室の絵本コーナーのどこかにいるらしい!!
 みなさんも、さがしてみてくださいね!

 
クイズ1きんぎょ 

 クイズ2きんぎょクイズ3きんぎょ

  

 

  

 

 

【バックナンバー】 

 〈平成29年〉

新しいづくしの月、さんざめく季節(H29.4.4更新)  にっぽんの年中行事(H29.4.18更新) 
春の風に吹かれ…(H29.3.7更新)  尻子玉(しりこだま)って?(H29.3.23更新) 
好きなものに囲まれて(H29.2.4更新)  本から始まる旅(H29.2.19更新) 
受賞・大賞ノミネート、さてその作品は?!
(H29.1.7更新) 
〇〇人間(H29.1.21更新)              

平成28年分はこちら 

平成27年分はこちら

平成26年分はこちら

平成25年分はこちら

平成24年分はこちら

平成23年分はこちら