書架のすきま―図書館ほっとだより―

NEW トライやる・ウィーク(R1.6.15更新)   今回の担当は・・・フェリスです。

   

 今年も6月4日(火)から8日(土)の5日間、中学校のトライやる・ウィーク

 6名の生徒さんが相生市立図書館に来てくれました。

 5日間のうち、最初の3日間が図書館、あとの2日間が歴史民俗資料館での活動でした。

 図書館での主な業務は、窓口での貸出・返却、本の検索、配架(返却された本を元の書架に

 戻す作業)、リサイクル図書の処理など。

 最初は緊張と照れ?から、挨拶も小さな声でモジモジしていた生徒さんたちですが、

 だんだんと自信を持って対応できるようになっていきました。

 配架も慣れてくると、本が重くても、1時間書架の間を歩きっぱなしでも、へっちゃらな様子。

 若いって素晴らしいぴかぴか(新しい)

 

 3日目には、児童室の壁にこんな素敵な飾りを作ってくれましたよ揺れるハート

   20190616・トライやる・ウイーク@

 

 また、各自1冊ずつお気に入りの本のPOPを作ってもらいました。

 どうしても紹介する本がない場合は…と、準備をしていましたが、みんな「これ!」

 という1冊がすぐに決まり、普段から本を読んでいるんだなぁと感心しました。

  20190616・トライやる・ウィークA20190616・トライやる・ウィークB20190616・トライやる・ウィークC

 

 歴史民俗資料館での活動は、最終日の史跡めぐりに同行し、史跡の解説をするという、

 なかなか大変な任務あせあせ(飛び散る汗)前日から原稿を作り、入念に準備をして臨んだようです。

 当日はとってもいいお天気晴れ「上手に説明してくれていましたよ。」と歴史民俗資料館の

 担当職員から聞きました。

 

 ここは3つの中学校から2名ずつ集まるということで、初日にはよそよそしいことが多い

 ですが、色んな活動を一緒にしていくうちに、最終日にはとっても仲良くなっているのを

 目にします。それがとても嬉しく、彼らの中に何かが残ったのかなぁと思いながら、また

 いつもの業務に戻るのでした。

 

 生徒のみなさん、お疲れ様でしたexclamation×2

 また図書館に遊びに来てくださいねわーい(嬉しい顔)

 利用者の皆様、期間中手間取ることもあったかと思いますが、温かく見守り、励ましのお声

 をかけてくださり、ありがとうございましたexclamation×2

  

 

【バックナンバー】