書架のすきま−図書館ほっとだより−

NEW その問題、どう解く?(H30.6.15更新) 担当は・・・スピカです。

 今月上旬、図書館へもトライやるウィークの生徒さんが市内3校から6名来てくれました。真剣に指示を聞き、素直に行動する姿勢はスタッフにとっても新鮮で、利用者さんに対しても丁寧に応対している姿がとても印象的でした。
児童室梅雨-20180615
生徒さんたちが作成してくれた児童室の壁面飾り♪
可愛くて、梅雨時の憂さも忘れます雨

 

 

 2020年の「道徳の教科化」に向け、小学校では、本年度から教科書を用いた道徳の授業が始まりました。そんな中、新刊図書として手にした一冊の本。
どう解く-20180615どう解く?』―答えのない道徳の問題― 
やまざき ひろし/ぶん きむら よう・にさわだいら はるひと/え ポプラ社 請求記号:15

大人でも答えに困ってしまいそうなテーマについて、小学生のみんなと一緒に話し合って出された様々な意見が、とても興味深いです。また、それぞれのテーマに著名な方々が解答しており、その深い見解に考えさせられます。
“「将来何になりたいの?」ってどうして大人には聞かないのだろう?”というテーマには、卓球の水谷選手が解答されており、「ある人が、世界で一番大きなものは…?との質問に、“それは子どもたちの可能性です”と答えた。」との一節があります。この部分を読んだ時、小学生の子供がいることもあってとても唸らされました。

 
道徳が教科化されるきっかけの一つには、いじめ問題があるようです。
「いじめ」、何とも重いテーマです。相手の立場になって考えること。他者を思いやること。大人が説くのは簡単ですが、子どもたちには困難に立ち向かう勇気を育んでもらいたい・・・

わたしのせいじゃない-20180615わたしのせいじゃないせきにんについて― 
レイフ・クリスチャンソン/文 ディック・ステンベリ/絵 にもんじ まさあき/ 岩崎書店 請求記号:P−ク
スウェーデンの絵本。学校の教室で男の子が泣いていた。クラスの誰もが“わたしのせいじゃない”と責任逃れ。それは子どもの世界だけで起きることとは限らない。物語から続く写真に衝撃を受けます。

命はどうしてたいせつなの-20180615命はどうしてたいせつなの?』 
大野 正人/作 ハラ アツシ/絵 出口 保行/監修 汐文社 請求記号:P−オ
命をもらって生きているということを忘れずに、毎日「いただきます」。自分の心を作ってくれる命(人)に向けた「ありがとう」。つらい時もひとりぼっちだと思わず、周りに目を向けてというメッセージが詰まっています。

モラルコンパスをもつ-20180615シリーズ道徳と「いじめ」B』―しっかり取りくもう!「モラル・コンパス」をもつ― 
貝塚 茂樹/監修 稲葉 茂勝/著 こどもくらぶ/編 ミネルヴァ書房 請求記号:37
現在、国連事務次長である中満泉さんから発せられた「モラル・コンパス」という言葉。中満さんは日本の若者に向けて、「あなた自身のパッション(強い思い・情熱)や個性をしっかりと持ってほしい。」というメッセージを発信しています。


  以上は児童書ですが、ぜひ大人の方にも、またお子さんと一緒にいかがでしょうか。

 多感な時期の子供たちに向き合うにあたって、子供の気持ちや言葉を受け止める工夫などをまとめた対応処方箋のような本も多くあります。

子どもは親を選べない』 矢吹 孝志/著 ルネッサンスブックス 請求記号:371

チャイルドラインで学んだ子どもの気持ちを聴くスキル』 山口 祐二/著 ミネルヴァ書房 請求記号:371

いじめからいのちを守る』 ―逃げろ、生きるため― 近藤 卓/著 金子書房 請求記号:371


 


  

 


【バックナンバー】 

<平成30年分>

父に感謝!(H30.5.31更新)  
初夏が来た!!(H30.5.4更新)  大人にも知ってほしいすごい絵本作家
(H30.5.16更新)
あなたの調べもの、てつだいます。
(H30.3.28更新)
ふさわしい値段(H30.4.14更新)
卒業、する?しない??(H30.3.2更) 春のおでかけ〜京都編〜(H30.3.17更新) 
あなたの注目選手は?(H30.2.9更新)  図書館の椿の木(H30.2.20更新)
寒中お見舞い申し上げます(H30.1.7更新)   冬のおいしい誘惑...(H30.1.25更新) 

平成29年分はこちら

平成28年分はこちら 

平成27年分はこちら

平成26年分はこちら

平成25年分はこちら

平成24年分はこちら

平成23年分はこちら